鶏肉のことならアイユー食品 鶏肉のことならアイユー食品
アイユー食品へようこそ アイユー食品へようこそ
アイユー食品について アイユー食品について モモ 足の付け根の部分。脂分が多く、味にコクがあるのが特徴です。脂肪が気になる方は皮をはいで調理するとヘルシーです。脂肪が気にならない方はもったいないので皮も食べましょう。写真は骨なしの正肉ですが、クリスマスなどのイベントには骨付きモモもはずせない。
鶏肉の部位について 鶏肉の部位について
鶏肉の仕入をお探しの方 鶏肉の仕入をお探しの方
お問合せはこちら お問合せはこちら
ムネ 胸の部分です。モモ肉に比べ淡白で脂肪分が少ないのが特徴です。日本ではなぜかモモ肉の方が人気があり、いつも特売の対象に。でもムネ肉も調理法によっては美味しいんです!唐揚、チキンカツ、蒸し鶏には是非。そしてなにより安い!
ササミ 胸骨に沿って2本付いています。形が笹の葉に似ているからササミとのこと。笹身?こちらも脂肪分が少なく淡白。肉は柔らかいですが、かたいスジは取除いて調理しましょう。ボディービルダーの主食です。
手羽先 羽の先の部分。骨があって肉は少ないですが、脂肪分が多く、味はGOOD。名古屋風の甘辛の唐揚や塩焼きを思い出しますが、ゼラチン質も多いので煮込み料理にも向いてます。美容と健康のコラーゲンで一躍人気者に。
手羽元 羽の付け根の部分。手羽先より脂肪分は少なく、あっさしとした味わい。しかしなぜか手羽先に人気で負けてる感。なぜだ。調理方法が分からずあまり使われない方も多いのでは?煮ても焼いても揚げても美味しいので是非一度お試しを
キモ
(肝臓)

一般的には心臓、肝臓、脾臓をまとめてキモと呼びます。写真は肝臓。ビタミンや鉄分など、とにかく栄養満点。臭みがあるので好みの分かれる部位ですが、個人的には大好き。しかも栄養満点。
心臓
ハート
ハツ
そう、心臓です。上の肝臓にくっついて売られていることが多いです。十分血抜きをして調理しましょう。少々残酷な気もしますが、美味しいので仕方ありません。家で調理ははちょっと、、という方は焼鳥屋さんに行けば気軽に2、3羽分食べれます。
砂ギモ
砂ズリ
ズリ
人間で言う胃袋の部分で、ここで食べたものを消化します。鳥は歯がないらしく、エサは丸呑み。筋肉状の胃袋には砂が蓄えられており、そこで食べたものを潰して消化するとのこと。すごい。そのわりに味はクセがなく、食感はコリコリ。
 COPYRIGHT(C) I-YOU FOODS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED